婚活の超基礎編です

結婚をしようということで、プロポーズ。
非常に素敵な瞬間ですし、そこから二人の将来という道が開かれていくというのは素晴らしいものでもあります。



結婚式を行うというのは、女性にとってはある意味夢でもあるという人が多いものですし、男性においては女性の夢をかなえてあげるためにも、しっかりとした結婚式をおこなうというのを決意する人も多いのではないでしょうか。



その大事な結婚式へのプロセスとして、まずは両家の親同士のあいさつなどもしっかりと設定しなければいけません。



というのも、現在は海外での結婚式など、結婚をする二人が主体になって進めていくということが多くなってはきていますが、いまだ日本の風習として、結婚というものは、両家のつながりということを念頭に置いている感覚があるので、結婚式の招待状なども新郎新婦の名前でなく、親の名前で届くということも少なくありません。
そういった感覚を持っているご両親である場合には特に、式までの進め方というものに十分な配慮をしていくことが望ましいのです。
まずは結納という事であったり、挨拶であったりということなど、日にちがかかる場合も十分に考えられます。




ですので、しっかりと二人で希望を話し合ったうえで、両親に話を伝えるということも必要です。

また、会社に結婚を伝えるということにおいても、できれば直属の上司などになるべく早めに伝えるというようなことも大事になります。


同僚が知っていて、上司が後になるというのも気分がよくないという人も実際にいますので、上を立てるという意味でも配慮をしていくのがいいのではないでしょうか。



式というのは自分たちのためにするものだという考え方もありますが、それ以上に自分たちを支えてくれる人々に感謝の意味を示すという事でもありますので、いろいろな配慮を伴って式まで進めていくということがまずは大事な大人のスマートなマナーでもいうべきことなのではないでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1092664980
https://www.facebook.com/okinawa.wedding
https://www.facebook.com/itn.wedding